オーダーメイドに役立つ造形豆知識

造形工房四次元(株)のホームページをご覧いただきありがとうございます。
造形をオーダーメイドする際に役立つ豆知識を2、3分程度の動画で解説しています。
ご注文前の、ふとした疑問にお答えします。毎月1投稿掲載中。

目次
  • 型とは?造形のプロが2分で解説
  • FRPとは?造形のプロが3分で解説
動画の再生ボタン▶をタップするとサイト内で再生されます。



この動画の内容▼
造形業界では当たり前のように使われている「型」とは?
分かるようでわからない「型」ってどんなもの?【2分で解説!】

・FRP造形における「型」とは?
 なぜ型取りするの?  素材と特長
・簡易型と量産型とは?
 場面で使い分ける「型」

「造形屋さんに発注するってなんだか難しそう...」
そんなあなたの、ふとした疑問・質問に造形屋さんがお答えします!
今日のテーマは『型』
FRP造形の製作で使われる「型」とは、そもそも何なのでしょうか?
プロの造形屋さんに質問してみましょう。

Q1.わかるようでイメージしづらい 『型』とは 一体どのようなものなのでしょうか?

A. 製品になるものを、逆の形に置き換えたものです。
例えば、たいやきを焼くときに使う型をイメージするとわかりやすいかもしれません。
 「型」は製品の形状によって素材を使い分けます。
弊社ではシリコン、FRP、石膏、スチロール、PLAなどの素材を使って型を作ります。
型を使うメリットとして、製品の中が空洞になり、軽量化できたり、内部に金物を仕込んで加工することができるようになります。

Q2.「簡易型」と「量産型」の違いを教えてください。

A.簡易型は、完成品が1~2個の時に使います。
簡易型にするメリットは、若干価格を抑えることができます。

 量産型とは、製品の数が多い場合に使います。
メリットは、FRP型の場合でいうと、型をメンテナンスしながら使えるという事です。
また数を多く複製することで、製品の単価を抑えることができます。
とはいえ、一つの型で量産できる限度があるため、一つの型で無限に製品ができるというわけではありません。
 最近では「型」を使わずに、3Dプリンターで製作する方法もあります。
ご注文内容の用途や形状によって、適したものをご提案しています。

 他にも造形屋さんに聞いてみたい事があれば、コメントからご質問をお寄せください。


この動画の内容▼
造形屋が立体を作る際に使用する、FRP(エフ・アール・ピー)とは?【3分で解説!】

・FRPとは?
・FRPの歴史
・FRPの種類
・製法
・適した用途とは?
・適さない用途とは?

●造形屋が立体を作る際に使用する、エフ・アール・ピーとは?
というテーマでお話します。

エフ・アール・ピーは、 Fiber Reinforced Plastics、日本語では「繊維強化プラスチック」といいます。
プラスチック樹脂にガラス繊維などの強化材を混ぜることで強度を強めた素材のことです。
軽量性・衝撃吸収性があり、サビや腐食が出にくいという特徴があります。

FRPの素材は1944年ごろからアメリカの軍需部門で開発が開始され、1955年ころにはアメリカのディズニーランドで遊具関係に利用されていたようです。
(出展:強化プラスチック協会編「基礎からわかるFRP-繊維強化プラスチックの基礎から実用まで-)」

●FRPは色々な種類があるのですか?
はい。代表的な繊維強化樹脂としてGFRPとCFRPが挙げられますが、その他に様々な化学繊維を強化材にしたものがあり、NFRPなど天然繊維を使ったFRPなどもあります。

中でも私たち造形屋が使用するのは主にGFRPというガラス繊維を強化材に使うもので
プラスチック樹脂単体よりもガラス繊維で強度が増すことでしなりができて割れにくくなるという特徴があります。

●製法:
 様々な製法がある中で、弊社ではハンドレイアップと呼ばれる手積み積層方で製作しています。
多品種少量生産や大型の製品の成型ができます。また部分的な補修が可能であることもメリットです。
 金属部品をインサートした造形にも対応できます。

●用途:
ガラス繊維を使ったGFRPでは造形製品の他にも浴室ユニット、船舶などがあり、炭素繊維を使ったCFRPでは航空機、自動車、タンクなど様々な用途で用いられています。

●FRPが適しているのは、どんな場面?
弊社が製作している造形では、屋外設置向けのものや、30cm以上の大きな造形、耐久性や強度が必要とされる場面ではFRP造形をご提案しています。

●一方FRPが適していないものは?
 耐火性を必要とする場所にGFRPは適しません。プールや池などの水中でも不可能ではありませんが注意が必要です。
 
●造形工房四次元では、皆さまからのご相談内容に合わせてプロの造形屋がぴったりのご提案をしています。
こんなもの作れるかな?という個別の案件のご相談は、お問合せフォームからどうぞ。


新しい豆知識動画が更新されるとこちらに掲載します。

オーダーメイドに役立つ造形豆知識

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)