明治時代の口之津(長崎県) ジオラマ

 

STAFF

このジオラマは現在の口之津の街並みではなく、明治時代の口之津の様子を過去の資料を元に制作しました。

国土地理院が公開している実際の地形データを使って地形のベースを作り、口之津資料館の方から資料や情報の提供をいただいて、当時と現在の地形の違いやどのような建物がどの位置にあったのかなど細かなところまで確認しながら再現しました。

※地形ベース素材:FRP、建物模型:支給品(3Dプリント)

作品名
口之津ジオラマ
設置場所
長崎県(南島原市口之津歴史民俗資料館に常設)
制作時期
2019年
製作期間
約60日
サイズ
幅 約2300mm

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)