【制作風景】キャラクター発泡スチロール原型製作中

5軸のNCマシンで原型を作る業者さんにお願いする事も多くなった、この作業ですが、今回は当工房で製作するのがベストと言う判断で手作業ですすめています。

発泡スチロールを型板を使って切出し、大まかな形状を削っています。
これではまだ何かわかりませんね。
キャラクターの名前は「だいちゃん」。
誕生の日をお楽しみに!

作業を進めています。
経過の写真を追記します。


体が見えてきた「だいちゃん」

発泡原型は一発OKをもらいました。
これは造形屋的にとても嬉しいことです。ありがとうございます。


スチロール用の樹脂でコーティングした後、ガラス繊維とポリエステル樹脂を積層します。
発泡スチロールは通常のFRPに使用する樹脂では溶けてしまいますからね。


サンディングとパテうめを繰り返して形を整えます。

この「埋め」と「磨き」を繰り返す作業で塗装後の美しさも変わります。

この後は、キャラクターを安定した状態で置くために、鉄板を取り付ける「加工」の作業があります。
続きはまた後日。

(2013.1/16追記)

鉄板の取付加工も終わり、仕上げもいい感じに。


磨きもきれいにできたので、塗装の際のグラデーションもきれいにはいりました!
『じゃ~ん!』
だいちゃん完成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)